札幌駅徒歩1分 東洋医学専門の鍼灸院

JR札幌駅前で不定愁訴、体質改善、腰痛、膝痛、肩こり、更年期、頭痛、自律神経、甲状腺などを東洋医学の鍼灸治療

東洋医学の鍼灸で治療します

病院に行ったけど、シップをもらって
様子をみただけではありませんか?

調子が悪くて病院に行ったのに
どこも悪くないと診断されて
途方に暮れていませんか?

一度、東洋医学の鍼灸(はり・きゅう)を
ためされてはいかがでしょう?

はじめまして、徳田漢方はり院の徳田和則と申します

初めての方へ   院長プロフィール

東洋医学の鍼灸治療ではあなたの体質、病歴、年齢
などを考慮した、様々な治療法が存在します

鍼灸で病気を根本から治療します

chiryou01

病気の根本を治療しませんか?

自然治癒力を強化して病気を治療します
筋肉の緊張をゆるめ
内臓の緊張を取り、血液循環を強めると
免疫力が上がります

徳田漢方はり院でできること

  1. 腰痛、膝痛、坐骨神経痛、頭痛(偏頭痛)
    五十肩神経痛、関節リウマチなどの痛みに対し
    身体に流れる気・血・水のバランスを整え
    身体全体を調整していきます

  2. 肩こり、不眠、自律神経失調症、更年期障害など
    明確な原因がなくても
    患者さんご自身の自然治癒力を少しずつ高めて
    原因不明の病気に少しずつ対応していきます

  3. 妊娠中の腰痛、逆子、つわり、産後の授乳中の病気など
    薬を使えない産婦人科の症状も
    鍼灸治療は自然治癒力を高める治療ですので安心です

  4. 夜泣き、かんの虫やぜんそくなど
    お子様の病気には
    接触するだけの小児はりで治療致します

(関連リンク)

 何に効くの?   自律神経の治療

 東洋医学で考える痛みの原因   小児はり

得意なこと、苦手なこと

どの治療院にも得意、不得意があると思います
あなたが一番知りたい事ではないでしょうか?

徳田漢方はり院が得意なこと

無痛でやさしい根本治療
soudan01

ご自身の自然治癒力を使った根本治療が得意です
無痛でやさしく、体力に沿った治療です

自然に取れない症状を無理に取ると
治療量をオーバーしてダルくなったり
長い目で見るとかえって悪くなることもあります

徳田漢方はり院が苦手なこと

はっきりスッキリとした治療にはならない

徳田漢方はり院の治療は皆様の体力にあわせた治療です

痛いところに、がっちり鍼をして
治療直後にすぱっと効果が出て気持ちいい
という治療ではありません

慢性病の方にそういった治療をすると
かえって身体を害することにもなりかねません

治療終了後すぐにピークを持ってくる治療法ではなく
長い目で見て効果のある治療法です
地味ですが、今までしてこられた治療とは違う

  • 自然に治る治療
  • 気がつけば身体が軽い

そのような治療を目指しています


初めての方へ   よくあるご質問   料金   診療時間

効果のある症状

徳田漢方はり院で
診察させて頂いている病名です
下線があるものは専用ページにリンクしています


腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアぎっくり腰

肩こり、首のこり、寝違え
交通事故の後遺症むちうち、五十肩

膝痛、関節痛、関節リウマチ、膠原病、痛風
手足のしびれ、筋肉疲労、線維筋痛症

冷え性、ほてり、更年期障害体質改善
不眠、睡眠障害、食欲低下、疲れやすい、だるさ

自律神経失調症、メニエル症候群、のぼせ、眩暈(めまい)
甲状腺機能の亢進(バセドウ病)または低下、橋本病

ドライアイ,ドライマウス,シェーグレン症候群
頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)
生理痛、生理不順、不妊治療、逆子の治療

動悸がする、汗が出る、パニック障害
お腹が張る、ガスがたまりやすい

膀胱炎、頻尿、尿閉、排尿困難、顔や足のむくみ
不定愁訴、アトピー、喘息(ぜんそく)、鼻水、花粉症

院長のひとこと

「5月5日で立夏に入りました」

5x103

札幌は立夏になっても風が強くて寒いですね

東京や九州に行かれた患者さんから
本州も風が強くて暖かくはなかった
とうかがっています

全国的に不安定な気候ですね

毎年は立夏にもなると
寒い時でも身体は寒邪と受け止めないで処理します

今年は寒すぎるので
寒さとして身体が受け止めています

  • 寒邪→水
  • 夏→火

東洋医学では「水剋火」といいまして
水は火を消してしまいます

寒邪は夏の身体にとって
よくないのです

最近は寒さにやぶられて
虚証の方が多いです

調子の悪い方が目立ちます

天地人の考え方

人間の病気を左右する
天地人の病因があります

  • 天→天候
  • 地→飲食
  • 人→ストレス、精神状態

天候やストレスを自分でコントロールするのは難しいですね

せめて飲食だけはきっちりしたいものです

徳田漢方はり院     徳田和則

更新のお知らせ

2016年5月19日
食事のはなし
お肉が苦手な人は『まごはやさしい』を食べましょう
2016年5月17日
患者さんができること
胃腸には、夏でも常温の飲み物がよい
2016年5月11日
自律神経、甲状腺の治療
不眠、イライラ、不安、パニックなどは交感神経症状
2016年5月10日
二十四節気のはなし
5月5日で立夏に入りました
2016年4月26日
患者さんができること
治ったのをキープするために運動をする

このページの先頭へ